~スポーツ外傷シリーズ 肉離れ①~

query_builder 2021/02/08
スポーツ障害
LIGARE整骨院ロゴ


伊勢崎市で
スポーツ障害 骨盤姿勢矯正 交通事故治療といえば!!!


こんにちは! LIGARE整骨院の境野です!!



前回、前々回とスポーツ外傷シリーズで足関節捻挫を2回に分けて

書いてみました!


書く方も読む方もだいぶカロリー高かったですね 笑


でも!!このカロリーのままいこうと思います!

理由は、これ以上カロリーオフだと何も伝わらないからです 笑


というわけで今週も書いていきますよ!!



今回は、「肉離れ」についてです!


前回の足関節捻挫に次いで起こりやすいスポーツ外傷の
1つで、非常に頻度が高いです。


「肉離れ」と聞くとみんな知っている単語です。

ゆえに軽く考えがちなのです。



前回のブログで説明しましたが、


ケガはほっとけば治ります! 極論ですけどね!!


でもデメリットの方が多いです!
例えば

・治りが遅い

・損傷部位が正しく治ってくれない

・再発リスクが倍以上に跳ね上がる

・長く引きずる(慢性化する)痛みになる

・カラダのバランスが崩れ、他の場所もケガを起こしやすくなる



だから軽く考えずに、しっかり処置をして治しましょう!!

ということです!


実は、日常生活で起こるケガもほとんどが「肉離れ」に属しています。



身近に潜む「肉離れ」、、、気になりませんか??

今回も面白いものが書けそうです!! 笑


それではっ!!


肉離れとは、、、

thumbnail


境野ブログ鉄板の「概要説明」からです!


自分的にはここを書かないと気持ち悪くって、、、

理屈っぽいんです 笑


でもすっごく重要!!!




肉離れとは

「自らの筋肉」or「介達外力」

介達外力とは

 損傷部位とは離れた場所に加わる外力のこと


によって筋肉が最大限を超えて伸び、断裂するもの。



????、、、、

ですよね、、、、


簡単に言うと、

筋肉が引き延ばされすぎてちぎれてしまう事。
これだけです。

ちなみに「肉離れ」とは俗称で、正式には「筋挫傷」といいます。

聞いたことありますかね?

私たち柔道整復師が一番扱うことの多いケガです。(おそらく、、)


スポーツ外傷で言えば、下肢に起こるケガの代表例であり、

特に
陸上競技、サッカー、テニス、ラグビーなどに起こりやすく
スタートダッシュ Stop&Go の瞬間に最も多く発生します。



日常生活では
起き上がろうとして腰を痛めた、踏ん張ったら痛めたなどは
「挫傷」(筋繊維性・筋膜性)に分類されるので、

結構皆さん日常でも軽微な肉離れをやっているんですね。



とはいえ今回は

~スポーツ外傷シリーズ~なので、スポーツで起きてしまった

大きなケガを取り上げていきますね。


スポーツ外傷で受傷しやすい部位としては

 ・ハムストリングス(もも裏)
 ・大腿四頭筋(もも前)
 ・股関節内転筋群(内もも)
 ・下腿三頭筋内側(ふくらはぎ内側)

があります。


特に受傷機転により2つに分類されます。
 ①スプリントタイプ(強い筋収縮による断裂)
 ②ストレッチングタイプ(過度の伸長による断裂)

スポーツではスプリントタイプが多いですね。

原因と病態

msl01-1024x683


原因として、、、


肉離れの原因として考えられるのは

 ・筋肉の硬さ カラダの硬さ

 ・ウォーミングアップ不足

 ・姿勢バランスの崩れ

 ・水分不足

 ・栄養不足


これらが概ね挙げられます。



肉離れの起きる時は「瞬発的な動き」が多く、

ケガの予測ができません。


瞬間的な動きとは

短距離のスタートダッシュだったりとか思い切り踏み込んだ時

など一瞬です。


言ってしまえば、スポーツは瞬発的な動きの連続なので

スポーツ中に起きるものはほぼ予測不可能です。



日常生活で言えば重いものを一気に持ち上げた時などです。




肉離れを含めてスポーツ外傷を予防するにはどうしたらいいのか?


予測外のことが起こったときに備えて「準備」をすることです!



 ・日々のストレッチ(柔軟性)

 ・ウォーミングアップの徹底

 ・水分の摂取

 ・栄養バランスの再認・摂取

 ・メンタルケア

 

簡単に見えてなかなか対策・継続が難しいものです。


一気に始めるのではなくできることから習慣づけていきましょう!





症状として、、、


 ・伸長時痛(ストレッチしたり伸ばすと痛い)

 ・収縮時痛力を入れると痛い)
 ・圧痛(押すと痛い)
 ・陥凹(中等度~重度へこみが触って分かる)
 ・内出血


肉離れはその損傷度合いを3つに分類します!  



  Ⅰ度(軽度) :腱、筋膜に損傷はなく筋肉内に出血を認める

            【出血型】


  Ⅱ度(中等度):筋・腱移行部の損傷を認めるが
            完全断裂・付着部裂離を認めない
            【筋・腱移行部損傷型】


  Ⅲ度(重度) :筋、腱の短縮を伴う

          腱の完全断裂or付着部裂離
            【腱付着部損傷型】



どの段階でも筋肉または腱が傷ついている状態なので

少なからず腫れや内出血は出現します。


Ⅲ度の完全断裂は稀ではありますが

カラダの硬さや水分量不足などがある場合は軽い外力でも

大きな症状になってしまう事もあります!


治癒の速度も変わってきますし、日々のカラダのケアはとても

大事に感じますね!!




さ、今回は2項目ですがかなりお腹いっぱいになったのでは

ないでしょうか??


なので今回はここまでにします!!


次回は「メカニズムとコンディション」から書いていきます!

次回も面白いのでぜひ!!










当院では!!

1人1人しっかりと問診し、評価 施術と

その人が一番早く改善できるように施術を心がけています!


痛みの改善(medical)
動きの改善(training)
不調の改善(conditioning)


を目指して皆様の「なりたい姿」をサポートしていきます!!!

お電話、ご相談お待ちしております!

○電話番号○
0270-88-7349

○診療時間○
平日 午前 9:00~13:00 午後 15:00~21:00         ( 交通事故は22時まで診療 *要予約 )


土曜 午前 9:00~13:00 午後 15:00~18:00

LINE@からでもご相談いただけます!


ここまでお読みいただきありがとうございました!!!



NEW

  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷①

    query_builder 2021/03/22
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群②

    query_builder 2021/03/15
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群①

    query_builder 2021/03/08
  • ~スポーツ外傷シリーズ~ テニス肘②

    query_builder 2021/03/01
  • ~スポーツ外傷シリーズ~ テニス肘①

    query_builder 2021/02/22

CATEGORY

ARCHIVE