~スポーツ外傷シリーズ~ 肉離れ②

query_builder 2021/02/15
スポーツ障害
LIGARE整骨院ロゴ


伊勢崎市で
スポーツ障害 骨盤姿勢矯正 交通事故治療といえば!!!


こんにちは! LIGARE整骨院の境野です!!



スポーツ外傷シリーズ4回目の投稿になりました!!


だんだんと慣れてきました~

シリーズ化っていいですね!


伝えることが決まっていて脱線しない気がしてます、気がしてるだけです!


編集者の気持ちでした~ 笑




ちなみに、この肉離れのブログを編集している真っ只中に

スポーツでの肉離れの患者様、3人来院されました!


前回も書きましたが肉離れは「予測」ができずに起こるものです。

ケアをしていないとかなりの頻度です。

いつ起こるかわからないですからね、、、

本当に怖いです。



今回は、

肉離れをしてしまった後に早期復帰するためには、、、

に触れながら書いていきます。


それでは、、、
「メカニズムとコンディション」からです!!!


メカニズムとコンディション

メカニズム

3339013_s-600x425


まずは「メカニズム」からいきますよ~!!


メカニズムとは「仕組み」「機構」といった意味ですね!

つまりは肉離れが起きる仕組みってことです!


  
まず、原則として

筋肉は骨から骨へと付着しており、骨へ付着する部分を「腱」
膨らんだ部分を「筋腹」といいます。


  


この「腱」や「筋腹」には「紡錘」(ぼうすい)といって、

伸び縮みを感知するセンサーがあります。

それぞれ「筋紡錘」「腱紡錘」と呼ばれます!


筋紡錘:筋肉内に存在していて、筋肉が伸ばされすぎないように
    コントロールしている


腱紡錘:腱内に存在していて、腱が伸ばされすぎないように
    コントロールしている


①筋肉に過伸長(伸ばされすぎ)が掛かると筋紡錘が反応して
 「縮め!!」と命令を出します。


 伸ばされすぎ=「ストレッチの方向」



②筋肉に過収縮(縮みすぎ)が掛かると腱紡錘が反応して
 「縮め!!」と命令を出します。


 縮みすぎ=「収縮の方向」



筋紡錘と腱紡錘は全く逆の動きに対して同じ命令を出します。

つまりは

どちらも伸ばされすぎてちぎれないようにしているわけです。




このうち②が肉離れが起きるパターンです!


筋肉の過収縮が強く、早すぎて腱紡錘が「縮め!!」の命令

を出す前に腱が限界を迎えて断裂するのが肉離れです。


筋肉の収縮が強く、早い=瞬発的な動きというのが分かります。


だから肉離れは

スタートダッシュや Stop & Go に多いのです!


これが肉離れの起きる大まかなメカニズムになります!!



コンディション


はい!そしたら続いては「コンディション」にいきます!



コンディションとは、その時の調子や状態を表します。


肉離れの起きやすい調子や状態ってどんなんだろう?

予測のできないケガだといいましたが、ここを理解していれば

未然に防ぐこともできますよね??


実は、このブログの最重要項目です!!



肉離れは筋肉が伸長されすぎて断裂してしまうものです。


そう考えると防ぐには何が必要だと思いますか??


水分・栄養・ウォーミングアップ・精神力、、、

たくさんありますが一番大事になるのは


「柔軟性」になります。



大腿二頭筋(ハムストリングス)のコンディション  




大腿四頭筋(もも前)のコンディション





下腿三頭筋(ふくらはぎ)のコンディション





柔軟性が出ないことには伸張性も出ません


激しいスポーツをやるにあたっては瞬発的な動きも多いので

柔軟性・伸張性がないことは肉離れに直結してしまいます。



皆さん口をそろえて「ストレッチやったけど柔らかくならない」
といいますけど、


ストレッチというものはかなり継続が必要なものです。



1ヵ月やそこらでは変わってくれませんので
根気強く長期で継続していきましょう!!


いつの間にか「習慣化」しているとベストです!!


肉離れを起こしてしまったら

tra013


気を付けていても起きてしまうときはあります!


そうなってしまった時はLIGARE整骨院に任せてください!!



⑴ 肉離れを起こしてしまったら、「炎症抑制」「固定」
  は最重要になります。


  主にテーピングでの固定になりますが
  LIGARE整骨院が行うテープはひと工夫もふた工夫も
  考えられたテープになっているのでお任せください!!!


  加えて肉離れでは断裂(もしくは不全断裂)
  を起こしているので急性期で伸ばすのはNGです!!


  
⑵ 炎症が収まってきたら少し動かしながらの処置になります。
  肉離れはもともと規則正しく並んでいた筋肉が断裂を起こ

  したもののです。

  ただ固定をして治癒を待っていても正しく元通りとはいか

  ないので「運動療法」を入れながらやっていきます!


  早期競技復帰するにも早い段階での運動療法は必須なので

  

  免荷 ➡ 収縮+弛緩 ➡ 荷重時

  

  といった感じで、徐々に負荷を強くしていきます。

  きれいに筋繊維が戻っていないと再発のリスクが上がって

  しまうので、痛くても少しづつ動かしていくのが適切にな

  ります。



肉離れのまとめ

takumire_a-b07d8rd4lg-20200926


それでは、肉離れのまとめ事項になります!!



① 肉離れとは、正式名称を「筋挫傷」といい
  筋肉の過伸長によって筋肉が損傷・断裂すること


② 肉離れは下肢に起こりやすい


③ 肉離れを起こさないようにするには「柔軟性」が最重要


④ 肉離れを起こしてしまったらまず「固定」!


⑤ 運動療法で再発しないカラダづくりを!!!


肉離れについて、以上になります!


例えば、

どんな運動療法があるの?とか、どんな固定があるの?

については実際に院で説明しながらやってもらうほうが

良さそうです!笑











当院では

1人1人しっかりと問診し、評価 施術と その人が一番早く改善できるように施術を心がけています!


痛みの改善(medical)


動きの改善(training)


不調の改善(conditioning)


を目指して皆様の「なりたい姿」をサポートしていきます!!!



お電話、ご相談お待ちしております!



○電話番号○
0270-88-7349

○診療時間○
平日 午前 9:00~13:00 午後 15:00~21:00         ( 交通事故は22時まで診療 *要予約 )
土曜 午前 9:00~13:00 午後 15:00~18:00

LINE@からでもご相談いただけます!


ここまでお読みいただきありがとうございました!!!


NEW

  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷①

    query_builder 2021/03/22
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群②

    query_builder 2021/03/15
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群①

    query_builder 2021/03/08
  • ~スポーツ外傷シリーズ~ テニス肘②

    query_builder 2021/03/01
  • ~スポーツ外傷シリーズ~ テニス肘①

    query_builder 2021/02/22

CATEGORY

ARCHIVE