〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群②

query_builder 2021/03/15
スポーツ障害
F02C7BA5-C7DA-42D6-982C-19C1730BE111


伊勢崎市で

スポーツ外傷 骨盤姿勢矯正 交通事故治療 といえば!!


こんにちは! LIGARE整骨院の境野です!!



先週から「グロインペイン症候群」についての

続きになります!




〈 ちょっとおさらいtime 〉


グロインペイン症候群とは、、、

股関節周囲の痛みで、原因の絞れないもの。を言います!


過去の股関節の怪我や、アンバランスなカラダの使い方

繰り返し股関節に負荷がかかっている、などの

原因が考えられます!!


原因の絞り込みが難しいからこそ

『評価』がとっても大事になってくる症状です!


今回のpart2では『評価』に焦点を置いて書いていきます!


早速いってみましょう!


筋力低下について

4BBB7546-4DE0-447B-8F9F-F025BB729B26


〈 筋力低下 〉

グロインペイン症候群に原因の1つに

筋力低下が考えられる時があります。


筋力低下といっても、おじいちゃんおばあちゃんがなるものや萎縮とは本質が異なり、

筋肉を「使えていない」類の筋力低下です!



グロインペイン症候群での筋力低下は

特に陸上競技の長距離で起こりやすく

「ニーイン(nee in)」してしまうことが誘因と

考えられます!



ハテナ解説 ニーインとは?


ニーインについて解説していきます!


セットでよく使われるのは

「トゥーアウト(too out)」という言葉です!


ニーとは膝のことで、トゥーはつま先のことです!


歩行や走行などで地面に足を衝いて膝を曲げた時に

膝が内側に入り、つま先が外側に向いてしまうことを

「ニーイン トゥーアウト(nee in  too out)」

と言います!



逆に膝が外側を向き、つま先が内側を向けば

「ニーアウト トゥーイン(nee out  too in)」

になります!




グロインペイン症候群が起こりやすい人は

この「ニーイン トゥーアウト(nee in  too out)」

が強かったりします。


ニーインすることで、、、

 ►内腿(内転筋)に体幹を乗せられない

 ►お尻(中臀筋 大臀筋)に体幹を乗せられない

 ►体幹が過剰に回旋してしまう

 ►肩甲骨の正しい動きを阻害する

 

トゥーアウトすることで、、、

 ►足の親指で踏ん張りすぎる

 ►外に逃げるような足の使い方になる(体が流れる)

 ►足底の感覚の低下

 ►シンスプリントのリスクファクター

 ►膝の内側側副靱帯損傷のリスクファクター


使い方を誤るだけでこれだけのリスクがあります!


「ニーイン トゥーアウト(nee in  too out)」

が出現している場合は

股関節にも影響を及ぼすので改善には最優先です!


組織間別で考えていく

66F694BE-397B-43D2-882A-0FA64F527784


組織間別とはなんのことかというと

股関節痛がなんの原因で起きているのか?

ということです。


       

グロインペイン〈症候群〉なので

共通の病態が原因不明で起こり、

しかも股関節に広い範囲で出現します。


施術をする上でも

股関節のどこに痛みがでているのか?

を絞り込む為に組織間別は必須になります!




【考えられる候補】


・筋肉 筋膜

・骨

・靱帯

・関節包

・軟骨

・神経

・血管

・皮膚


かなり多めなのですが、これらの選択肢の中から


『現在の状態』(可動域 動き 視覚的情報)

『痛みの経過』(いつから痛い? どんな時に痛い?)

『既往歴』(過去の怪我 病気)

『スポーツ特性』

『心的要因』


などを考慮して絞り込んでいきます‼️



例)力を入れると痛い(筋肉の収縮や伸張)

  考えられるのは

  ➡︎筋肉 筋膜 神経


  初動時が痛く、動いてくると慣れてくる

  考えられるのは

  ➡︎骨 軟骨 関節包


  虚脱感や痺れがある

  考えられるのは

  ➡︎神経系 血液(血管)系



どこの組織の障害かによって処置も変わってきます。

組織間別で考えることは施術の正確性と効率を

上げる目的でもあります!!



グロインペイン症候群のまとめ

F5321414-8CE8-41CE-9C7B-77730FB51C44




それではグロインペイン症候群の

まとめ事項になります!!


 1)グロインペイン症候群とは鼠径部や下腿部周辺

   に痛みを訴えるものである


 2)原因としては柔軟性の低下、筋力不足、

        体感と下肢の協調性の低下等が考えられる


 3)筋力不足のうちお尻の筋肉や内転筋が足りずに

        膝が内側に入ってしまうことを「ニーイン」

        という


 4)グロインペイン症候群は症状が曖昧なので

    どの組織で痛みが起きているかをしっかり

    鑑別する必要がある


以上になります!!



グロインペイン症候群みたいな曖昧なものでも

しっかり鑑別(評価)をして施術すれば改善し

ていけます!!


やっぱり『評価』って一番大事なんだなと

思います!


LIGARE整骨院は評価に特に力を入れているので

原因がはっきりせずにお悩みの方はぜひ1度

当院でチェックしてみませんか??


ご相談お待ちしています!!











当院では!! 

11人丁寧に問診をしていき、

本当の痛みの原因や悩みを解決していきます! 



問診 評価 施術に力を入れることで 

その人が1番早く改善できるように施術を行い 


 痛みの改善 [medical] 

 動きの改善 [training] 

 不調の改善 [conditioning] 


を目指して皆様の『なりたい姿』

全力サポート していきます!! 



お電話、ご相談お待ちしております!! 

 

 電話番号

    0270887349 



 診療時間 


平日 9001300   15002100    

 [ 交通事故は夜22時まで診療 ※要予約 ] 


土曜 9001300   15002100 

 

 LINE@からでもご相談いただけます!! 



ここまでお読み頂きありがとうございました!



  

NEW

  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 ベネット病変②

    query_builder 2021/05/10
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 ベネット病変①

    query_builder 2021/04/26
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷②

    query_builder 2021/04/19
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷①

    query_builder 2021/03/22
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群②

    query_builder 2021/03/15

CATEGORY

ARCHIVE