〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷②

query_builder 2021/04/19
スポーツ障害
580F174B-09C3-4875-B351-35EF6CEB2D63


伊勢崎市で

スポーツ障害 骨盤姿勢矯正 交通事故治療といえば!!


こんにちは! LIGARE整骨院の境野です!



SLAP損傷の第二回になります!


SLAP損傷は関節唇という肩関節にある軟骨が

剥がれてしまうというもので、

野球投球動作やバレーボールのアタックなど

『オーバーヘッドスポーツ』に多く見られます。


肩関節や股関節といった大きく動く関節(多軸性の関節)は

可動域が広い分、筋肉によるストッパーがないと

動きすぎてしまいます!


緩すぎるとしっかり筋肉が作動せずに、関節に高い負荷が掛かり

靱帯や関節唇といった「軟部組織」の損傷につながります!


投球動作やバレーボールのアタックなどの

球速・キレを出す為には可動域は必須なんですけど

可動域が広すぎて緩くなってしまうと

怪我のリスクが増えてしまいますね!


前回のおさらい+豆知識はこのくらいで

SLAP損傷 part2 にいきましょう!



SLAP損傷の症状

907CA317-43A1-439B-972E-DBC3F233A23E


【症状】


スポーツでのオーバーユースなどでSLAP損傷を

起こしてしまった時はこのような症状が考えられます


 ►肩の不安定感

   ►肩の引っ掛かり感

   ►肩を動かした時に音がする(クリック音)

   ►反対の肩に手を回すと痛い

   ►腕を背中に回すと痛い

   ►肩から腕にかけて脱力感が出る


関節唇(軟骨組織)が剥がれてくるので

主症状としては肩関節が不安定な感じ、が多いです!



特に野球選手の投球動作では

後期コッキング期⦅レイトコッキング期⦆

にかけて痛みが出現します!



後期コッキング期に1番ストレスが掛かり

前期→後期に切り替えのタイミングで痛みを感じます!



単純に先天的に関節が緩い症状(肩関節不安定症)や

姿勢が悪かったり、筋肉が硬すぎたりでクリック音

や引っ掛かり感が出てしまうこともある

ので鑑別診断には画像が必要です!


SLAP損傷の分類

26E7C22B-641F-499E-B67F-1EEC03D9F193


SLAP損傷では病態ごとに重症度を

4つのタイプに分けます。


名前を『スナイダー(Snyder)分類』と言います!



『スナイダー(Snyder)分類』



 Ⅰ型 関節唇が擦り切れて変性する


 Ⅱ型 関節唇と上腕二頭筋腱が肩関節から剥がれる


 Ⅲ型 関節唇が擦り切れて断裂する

    剥がれた関節唇がバケツの柄のように見える

    ので『バケツ柄様断裂』とも言われる


 Ⅳ型 関節唇の断裂が上腕二頭筋腱まで広がり

    腱まで断裂が及ぶ


発生頻度としてはⅡ型が一番多いとされています!


当院でできること

F871A72A-1732-4D0D-BE9B-A097FA52AE8A


【当院でできること】


SLAP損傷はオーバーヘッドスポーツで多く発生する

疾患です。


Ⅰ度損傷(擦り減り)Ⅱ型の(剥離)であれば

当院での対応は可能です!


ですが、完全に断裂してしまったりすると

観血療法といって手術になってしまうので

そういう場合は外科さんへお願いしましょう!



Stability & Mobility(スタビリティ モビリティ)

    

 Stabilityは『安定』 Mobilityは『可動域』

 を表します。

 肩のインナーマッスルが弱い(安定しない)と

 アウターマッスルに引っ張られて十分な可動域を

 発揮できません。

 

 足りない可動域を無理にパワーでカバーしようと

 するので牽引(引っ張られて)で剥離したり

 断裂したりする怪我が発生します!



胸郭のMobirity(モビリティ)


 胸郭とは 胸骨 肋骨 胸椎 で構成された空間のこと

 です。

 オーバーヘッドスポーツにおいて

 「胸郭」の可動域はとても重要になってきます。

 投球やバレーボール、テニスにおいても

 力強いボールやキレのあるボールを放るには

 胸郭が動いてくれたほうがいいです。

 

 肩周りの怪我の予防にもなりますよ!!



緩すぎる肩にはトレーニング!


 オーバーヘッドスポーツでは、繰り返し肩を

 上げる動作で

 肩関節の支持がだんだんと弱ってしまいます。


 どういうことかというと

 アウターマッスルを使いすぎて、インナーマッスル

 の筋力が追いついていないんです!


 結果的にインナーが不安定なので緩い肩が

 出来上がってしまいます。


 こういった肩にはインナートレーニングを行い

 動かした時に『軸がブレない肩』を作っていきます。


 

SLAP損傷のまとめ

FED43117-4A2F-4884-AF65-FA9865FB58DF


それではSLAP損傷のまとめに入ります!


1)SLAP損傷とは肩関節にある関節唇という

     軟骨が筋肉(上腕二頭筋腱)に引っ張られて

   剥離や断裂を起こしてしまう怪我である


2)野球やバレーボールなどの肩を上に大きく挙げる

     『オーバーヘッドスポーツ』の選手に多発する


3)SLAP損傷の症状は、肩の不安定感や引っ掛かり感

     クリック音(動かすと音がなる)などが主訴として

   多い

   他の筋緊張や関節 姿勢の崩れなどとしっかり

   鑑別する必要がある


4)LIGARE整骨院では復帰後のパフォーマンスを

     考えてstability(安定)& mobility(可動域)

     を中心に動きの改善をしていく



LIGARE整骨院は『早期競技復帰』を目指して

動き改善やパフォーマンス向上まで見ていきます!


肩に違和感を感じたら1度当院で

チェックしてみませんか?









当院では!! 

1人1人丁寧に問診をしていき、 本当の痛みの

原因や悩みを解決していきます!      


問診 評価 施術に力を入れることで  

その人が1番早く改善できるように施術を行い


痛みの改善 [medical]   

動きの改善 [training]   

不調の改善 [conditioning]  

 

を目指して皆様の『なりたい姿』を 

全力サポート していきます!!      


お電話、ご相談お待ちしております!!     



○電話番号○    

0270ー88ー7349       


○診療時間○    

平日 9:00〜13:00   15:00〜21:00      

  [ 交通事故は夜22時まで診療 ※要予約 

土曜 9:00〜13:00   15:00〜21:00     


LINE@からでもご相談いただけます!!      



ここまでお読み頂きありがとうございました!



NEW

  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 ベネット病変②

    query_builder 2021/05/10
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 ベネット病変①

    query_builder 2021/04/26
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷②

    query_builder 2021/04/19
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 SLAP損傷①

    query_builder 2021/03/22
  • 〜スポーツ外傷シリーズ〜 グロインペイン症候群②

    query_builder 2021/03/15

CATEGORY

ARCHIVE